夕陽丘基金について

あなたからのサポートを!〜ドメスティック・バイオレンスをなくすために〜

イメージ「夕陽丘基金」は大阪市が行う施策と連携して、現在の公的制度で十分な支援が受けられない状況にあるDV被害者やその同伴者(おもに子ども)に対して、経済的な援助を行い、心身の回復を図り、自立を支援することを目的に平成16年3月23日に大阪市の女性団体などが設立しました。「夕陽丘基金」は配偶者からのDVを逃れて緊急一時保護施設に避難した被害者への支援をおこなっています。

例えばこんなことに活用されています(ほんの一例)

○保護命令の申請に要する費用(切手代、収入印紙代など)
○一緒に連れてきた赤ちゃん、幼児の着替え、おしめなど育児用品の購入
○仕事や家を探すときの交通費、ケガや病気の治療費

「夕陽丘基金」はすべて市民の皆様一人ひとりの募金から成り立っています。DV根絶をめざし、被害者の方が一日も早く再出発ができるようにという願いをこめた募金です。

募金を活用し、新しい生活を始められた方のなかには、“被害を受けた方にお役立てください”と、お金を返してくださる方も少なくありません。DVは被害者のほとんどが女性であり、年々相談件数も増加しています。自治体でも被害者の相談や、一時保護、自立支援に立ち上がっていますが、被害者が公的支援をうけられるようになるまでの援助はほとんどない、というのが現状です。DVから生命からがら避難した人の中には配偶者が生活費を渡さない、働くことを邪魔されるといった『経済的DV』を受けていた人もいて、経済面でのハンデがとても大きいのです。「夕陽丘基金」での活用は、ほんの一例にもあるように金額的には必ずしも高いものではありませんが、着の身着のままで避難してきた人にとっては『かけがえのない援助』です。これを再出発の第一歩にして、新しい生活をスタートさせて頑張っている人が多くおられます。これからもDVの根絶と、DV被害者の自立を応援する「夕陽丘基金」の活動の輪をもっと広げていくために、みなさまのご理解とご協力をお願いします。

【寄付金・カンパの振込先】
郵便振替口座:00990−7−190552
口座名義:夕陽丘基金 (ユウヒガオカキキン)