研修、キャンペーンの提案・企画|大阪市男女いきいき財団

事業者のみなさまへ

企業の方へ

事業者さまのPartnerとして

私たちは設立以来、学校や企業、病院など多分野にわたる組織の依頼に対応してきました。 男女共同参画に精通する専門家として、組織風土の改善や、ダイバーシティを推進する活動へのサポートをしています。

まずは、お気軽にご相談ください。

「こんなことをしたいと考えているけれど、実際どうしたらいいのか・・・。」
「詳しい者が周囲におらず、ノウハウや実績のある人からアドバイスが欲しい。」など現在抱える問題や今後の希望など、なんでもお気軽に、まずはご相談ください。

[営業時間] 9:30 〜 21:30
[休業日]月曜日、祝休日の曜日、年末年始

PATTERN 1 研修

オリジナルで作成するオーダーメイドセミナー

テーマ・対象に応じてオーダーメイドでプログラムを提案します。例えば学生を対象にしたデートDV防止の啓発では、ともにポスターや啓発DVDを作成することで、自発的な気付きを促し意識改革を呼びかけました。
また企業であれば、組織が抱える課題に合わせて女性に対するセクシャルハラスメントやワーク・ライフ・バランスの見直しなど。 プログラムの企画・提案から講師の派遣を含めたトータルプロデュースまで行います。
研修のご依頼は、随時お受けしております。
実施を予定されている日程の1ヶ月前までにご連絡をお願いいたします。

ご案内チラシ

これから実現させたいこと

これまでのセミナー実績の一例

  • 高校生を対象とした「デートDV」の参加型講演
  • 管理職対象のセクハラ防止研修
  • 大学生対象のワークライフバランスセミナー
  • 行政機関対象の人権セミナー
  • 企業(従業員)対象のコミュニケーションセミナー

他多数

PATTERN 2 イベント・キャンペーン

すべての人が楽しめるためのノウハウ

2011年より開催してきた「親子で楽しめるコンサート」。 子どもの泣き声やトイレへの入退場など、普段は周囲への配慮からなかなか会場に足を運べないママたちに、“自分のための時間”を持ってもらいたいと本格的なクラシックコンサートを企画。構成も大人が楽しめるよう工夫しました。 性別、年齢、ライフスタイルに合わせて企画・実施いたします。

包括協定を結んでの共同イベントも共催

包括協定

  • 学校法人城南学園大阪城南女子短期大学

学校法人城南学園大阪城南女子短期大学、クレオ大阪中央で市民向けのイベントを共催。外部パートナーとして継続的に関わりながら、男女ともに個性を尊重し合える社会に向けて学生の意識向上に取り組んでいます。

  • 大阪市
  • ソウル女性プラザ

PATTERN 3 調査・コンサルティング

課題発生から解決までトータルサポート

セミナーやイベントのような単発的な関わりだけでなく、外部パートナーとして継続的なサポートも可能です。潜在的な課題を見つけ、適切なアプローチを提案、解決に至るまでトータルでお手伝いします。
「女性リーダーの育成支援」や「両立支援」のような家庭とのバランスを配慮する取り組みなど、状況に合わせて的確なサポートを提供。 能力を発揮しより生産性の高い仕事ができるよう後押しします。

もちろん、単発でのご相談にも対応

「職場環境の改善に向けてセミナーを開催したい」「平成27年に成立した女性躍進推進法を受けて何をすべきか?」などの相談や疑問に対応しています。
時には一組織の枠組みを超え他機関と連携して解決すべき問題もあります。
まずは、何でもお気軽にご相談ください。

その他にも、事業者さまに向けて様々な取り組みをしています

セクハラ、パワハラなど社内研修用資料を貸出しています。

クレオ大阪の情報・図書コーナーには、セクハラ、パワハラ、メンタルヘルス対策、ワーク・ライフ・バランスやダイバーシティ推進など、社内研修に役立つ資料、本を貸し出ししています。また、研修用DVDなど視聴覚教材もあります。

●資料の検索はこちら http://www.creo-osaka.or.jp/refe/index.html
【お問い合わせ】
クレオ大阪中央 情報・図書コーナー  電話 06-6770-7200

セミナー・講座

クレオ大阪をはじめ、多様なロールモデルを提示し、業種を超えて、働く女性のネットワークを促進します。
「お仕事女子の放課後サロン」
「働くオトナ女子のキャリアトーク」
「お仕事女子のキャリアデザイン」

女性のためのチャレンジ相談

キャリアコンサルタントが、キャリアプラン作成のお手伝いをします。

女性のためのチャレンジサイト

キャリアアップ、資格取得、スキルアップなどをめざす女性に役立つポータルサイトです。
http://www.creo-osaka.or.jp/o-challenge/