大阪市男女いきいき財団|自分らしくイキイキと輝ける社会へ。

インフォメーション

JWLI Bootcamp2022Osaka報告&交流会

2022.10.01 NEWS

JWLI Bootcamp2022Osaka報告&交流会

大阪市男女いきいき財団は、今年8月に実施した女性リーダー育成研修『JWLI Bootcamp 2022 Osaka』の報告&交流会を9月28日クレオ大阪中央で開催しました。
Bootcampの参加者が再会を喜び、行政や企業、社会起業家など約40名が参加者にエールを送りました。

Bootcamp参加者10名が集まり、自分たちの活動内容、課題、そして事業への支援をピッチ(プレゼン)で熱く訴えました。

防災事業・教育支援・女性の社会進出支援など、それぞれが取り組む事業内容は様々ですが、
Bootcampの3日間で培った「リーダー力」「伝える力」をさらにブラッシュアップし、ピッチに臨みました。

そのうち、12月の東京ベンチャーカフェのイベントで登壇する3名のピッチを紹介します。

 

JWLI Bootcamp2022Osaka報告&交流会

「まち防災」に女性の力を 増田裕子さん


増田裕子さんは地域防災力の向上、地域コミュニティの活性化のために活動しています。

男性メインの防災事業を変え、より地域に開かれた「まち防災」という考えを提案。
「ジェンダー平等・多様性が実現したコミュニティ防災」に向けた支援を訴えました。

「まち防災」に女性の力を 増田裕子さん

外国ルーツの子どもに母語教育を 山家ヤスエさん


山家ヤスエさんは、ブラジル人学校で教育支援を行っています。

学ぶ中で成長し、いきいきと活躍する子どもたちについて紹介。
「外国人学校は公的な支援が少なく、経済的に不安定な保護者も多い。
そんな中でも、子どもたちに母語教育を受けられるチャンスを与えたい」と力を込めました。

外国ルーツの子どもに母語教育を 山家ヤスエさん

子どもの事故予防のために 岡真裕美さん


『Bootcamp2022 Tokushima』に参加した岡真裕美さんも登壇。
夫が、川でおぼれた中学生の救助にあたり亡くなったという経験から、子どもの事故予防のための啓発に取り組んでいます。
日常に潜む危険について理解を深める大切さについて、遺族・研究者の立場から呼びかけました。

子どもの事故予防のために 岡真裕美さん



来場者からは拍手や歓声が沸き上がるなど、会場は熱気あふれる雰囲気に包まれました。




その後の交流会では、大阪市民局長の西原昇さんをはじめ、関西を拠点に様々な社会課題に取り組む9名が、参加者に熱いメッセージを送りました。



Bootcamp参加者は、各企業・団体と交流。活動への協力や連携を呼びかけたり、
アドバイスを受けたりと、今後につながるネットワークが生まれました。

大阪市男女いきいき財団の取り組み

大阪市男女いきいき財団では、これからもホームページや広報紙などで、Bootcamp Osaka卒業生の皆さんの活躍についての情報をお届けします。

JWLI Bootcamp 2022 Osaka 開催報告は こちら
JWLI Bootcamp 2022 については こちら


(フロントランナー)フィッシュ・ファミリー財団創設者、厚子・東光・フィッシュさん

地域の女性リーダー育て…研修で仲間作り 意欲アップ「仲間と出会い、気持ちが変化して行動する力に」

大阪市男女いきいき財団の取り組み

一覧に戻る